「2022 シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー(志摩市大王町波切)

2022年08月15日(月) 「2022 シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー(志摩市大王町波切) (車、徒歩)

現在、「2022 シャンティーの絵とおはなし展」が 9月26日 まで 大王美術ギャラリー(志摩市大王町波切)で開催されている。

【参考】 詳細はこちら

 

過去2年、シャンティーさんの大規模な作品展が開催されていたが

●<シャンティーのイラストレーション展in賓日館> 2020/10/24(土)~11/22(日)
●大王美術ギャラリー企画展「シャンティーの絵とおはなし展」開催(2021年8月19日~9月13日、ただし緊急事態宣言発令に伴い8月28日~9月12日はギャラリー閉鎖)

新型コロナの影響で私は観覧できなかった。

 

今回こそは、ぜひとも観覧したく、大王美術ギャラリーへ急いだ。

大王美術ギャラリー(志摩市大王町波切)

大王美術ギャラリー(志摩市大王町波切)

 

一階の入口で受付を済ませると

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

エレベーターで2階へ。こちらが「2022 シャンティーの絵とおはなし展」の会場である。

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

広いギャラリースペースには、A2サイズのパネル40面が整然と配置されていた。

なお、展示はイラストのパネルだけでなく、イラストから連想されたストーリーのテキストと関連するオブジェが小さな棚の上に添えられている。これらも含めて一つの作品で、シャンティー・ワールドにさらなる広がりを作り出していた。

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

シャンティーさんの作画手法については、以前に別の記事で次の通り紹介した。

「手が勝手に動いている」とのこと。タイトルやストーリーはあとづけ? いや、内在する無意識が描かせているとすれば、それはすでに出来上がっていたものを表出させているだけ、やはりご自身の中に常日頃から意識していることが無意識となり、「手が勝手に・・・」となっているのだろう。まさに職人だ。

【参考】  シャンティーさんのイラストレーション展(外宮参道ギャラリー金近サロン)  2017年05月20日

 

通常は、手が描いていくれるようだが、この作品だけはイメージが先行していたそうだ。

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

異次元を思わせる緑の世界、シナプスの連鎖のように光が連続的に移動するなど、ご自身の不思議な体験をベースに、そこが起点となっていた。タイトルやストーリーはあとづけではなく、先行していた珍しい作品だ。

 

私が気になった作品や作画方法などについては勿論、さらにはフレームの色、縦横配置、宇宙人、仮想世界へのチャレンジなどについても、さまざまにお話させていただいた。

イラスト・テキスト・オブジェに加え、シャンティーさんによる解説で、シャンティー・ワールドへ深みへと惹き込まれてしまう。気づいたら、あっという間の1時間だった。

 

(会場や作品は、写真撮影もSNSへの投稿もOKだったので、会場の雰囲気を伝えつつ、私が気になった作品たちも紹介しておこう。)

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

「シャンティーの絵とおはなし展」@大王美術ギャラリー

 

ぜひとも会場を訪れ、作品を感じるとともに、シャンティーさんにお話をうかがうことをおすすめする。

 


 

余談だけど、私がシャンティーさんと出会ったのも、こちら大王町波切だった。

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。