昨夜の大雨で流れが激しい五十鈴川(五十鈴橋付近)

2022年09月03日(土) 昨夜の大雨で流れが激しい五十鈴川(五十鈴橋付近) (車、徒歩)

昨夜から伊勢志摩地方は大荒れだ。昨夜から朝まで稲光と雷鳴が繰り返され、大雨が降っていた。

伊勢市では土砂災害の危険度が高くなったため、次の地区に避難指示が出された。


四郷・進修地区   3,855世帯・ 9,566人(2022/09/02 21:50)
宮本・沼木地区 10,248世帯・23,959人(2022/09/02 23:53)


 

早朝(6時過ぎ)に大土御祖神社・国津御祖神社を訪れたので、その脇を流れる五十鈴川の様子を確認した。

神社脇の階段を上がると右手方向に五十鈴川の下流方向が望める。

五十鈴川(五十鈴橋の下流側)

五十鈴川(五十鈴橋の下流側)

 

下流方向の水量は多いが、まだ余裕がありそうだった。

五十鈴川橋から望む五十鈴川の下流方向

五十鈴川橋から望む五十鈴川の下流方向

 

視線を上流方向へ転じると

五十鈴川橋から望む五十鈴川の上流方向

五十鈴川橋から望む五十鈴川の上流方向

 

下田井堰では、その前後で流れの様子が大きく変化していた。

五十鈴川橋から望む五十鈴川の上流方向

五十鈴川橋から望む五十鈴川の上流方向

 

堰を越える水量が多いため、下流側では

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

 

激しい乱流が生じていた。用水を引き込む形状も大きく影響を与えているのだろう。

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

 

この様子は、昨夜に ネットのカメラ観測所 で確認された状況と同様だった。

【参考】

 

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

 

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

五十鈴川(五十鈴橋の上流側、下田井堰付近)

 

なお、流れが穏やかな時は、次のようだ。

【参考】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。