伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展@松阪市文化財センター 第2ギャラリー

2022年09月04日(日) 伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展@松阪市文化財センター 第2ギャラリー (車、徒歩)

最終日となった伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展を観覧するため

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展のDM

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展のDM

 

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展のDM

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展のDM

 

松阪市文化財センターの

松阪市文化財センター(松阪市外五曲町)

松阪市文化財センター(松阪市外五曲町)

 

第2ギャラリーを訪れた。

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展@松阪市文化財センター 第2ギャラリー

伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展@松阪市文化財センター 第2ギャラリー

 

山岳写真により親交を深めた三人(近藤健治さん、竹林千秋さん、林隆久さん)による写真展である。

林隆久さんにお話を伺いながら、伊勢和紙に展開された山々の「四季の彩り」を楽しませていただいた。

 

展示では作品自体はもちろん、展示方法などにも興味深いものがあった。

大判の作品は、運搬や展示・撤去が容易にできるようプラバンが採用されていた。プラバンの周囲には黒いテープが巻かれ、他の展示の黒フレームと見た目が合われていた。プラバンへの作品の固定は強力磁石である。

また、林さんのある作品では興味深い和紙が使用されていた。色目が白ではなく、茶系の色が付いていた。しかし、そこに印刷された樹氷は明らかに白く見える。これは心理的効果なのだろうか?不思議!

春夏秋冬が、伊勢和紙にやさしく深みをもって表現されていた。

 

私も伊勢和紙への印刷をさらに進めよう・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。