写真展に刺激を受けて展示方法の研究

2022年09月04日(日) 写真展に刺激を受けて展示方法の研究

本日、伊勢和紙に映す「四季の彩り」写真展@松阪市文化財センター 第2ギャラリー を観覧し、伊勢和紙に「モノクロームな日々」を印刷した場合の展示方法にヒントをいただけた。

 

早速、天井材料である杉格天(270mm X 270mm X 7mm)を買ってきた。

杉格天

杉格天

 

四隅に画鋲を打てば、小さな強力磁石で固定できる。

杉格天とマグネットペイントと画鋲

杉格天とマグネットペイントと画鋲

 

画鋲にマグネットペイントを塗れば、これでOK。

杉格天とマグネットペイントと画鋲

杉格天とマグネットペイントと画鋲

 

と思っていたが

マグネットペイントと画鋲

マグネットペイントと画鋲

 

どうも、この画鋲はマジックペイントを塗らなくて磁石にくっついてしまった。

強力磁石とニッケル素材の画鋲

強力磁石とニッケル素材の画鋲

 

通常の画鋲は真鍮で磁石にはつかないが、この画鋲はニッケル素材なので問題なく磁石につくそうだ。

嬉しい誤算。

あとは、伊勢和紙に印刷すれば・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。