鳥居が建てられ、制札が立て替えられた加努弥神社(皇大神宮 末社)

2022年09月03日(土) 鳥居が建てられ、制札が立て替えられた加努弥神社(皇大神宮 末社) (車、徒歩)

加努弥神社を訪れたところ、玉垣の前に鳥居が建てられていた。

加努弥神社(皇大神宮 末社)の社叢遠望

加努弥神社(皇大神宮 末社)の社叢遠望

 

社叢へ急ぐと

加努弥神社(皇大神宮 末社)

加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

加努弥神社(皇大神宮 末社)

加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

制札も新しい。

立て替えられた制札、加努弥神社(皇大神宮 末社)

立て替えられた制札、加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

立て替えられた制札、加努弥神社(皇大神宮 末社)

立て替えられた制札、加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

鳥居をくぐって

新たに建てられた鳥居、加努弥神社(皇大神宮 末社)

新たに建てられた鳥居、加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

お参りしようと思ったが・・・

鳥居が建てられた加努弥神社(皇大神宮 末社)

鳥居が建てられた加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

神様は?

造替は完了した加努弥神社(皇大神宮 末社)

造替は完了した加努弥神社(皇大神宮 末社)

 

殿舎のない当社の遷座はどうなっているのか? 石畳は造替前の状態となっていた。

御神体となる石が別の場所へ移動されていたのだったなら、今は原状復帰されているので御還座を終えたことになる。しかし、工事中もシートの中に御神体が残されていたとすると・・・

地鎮祭など、神籬での降神の儀、昇神の儀を思い出した。

こちらでは、昇神の儀で石畳を離れられたのか・・・・

想像のスパイラルはまだまだ続く。

 

【加努弥神社の御還座まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。